惣菜生産性アップテキスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーの惣菜は儲かっているでしょうか。

スーパーマーケット惣菜の強化はスーパー各社の重点として取り組んでいますが、荒利率は高くても人時生産性は上がっているでしょうか。

安く量を売ることや手間をかけた商品作りは出来ますが、利益を確保することは簡単ではありません。
一刻も早く単価ダウンに対して利益を確保する仕組み=生産性の向上が求められます。
そのために何が必要不可欠なのか。その答をテキストで説明いたします。

*2018年テキスト改訂
*2019年テキスト改訂

テキストの概要

・カラー26頁
◦白黒57頁


SM惣菜の生産性アップ策

1.今、何故生産性に注目なのか?
2.惣菜・製造小売り部門として生産性アップの目標づくり
3.作業レイアウトと製造器具の標準化による生産性アップ
4.5Sの徹底による生産性アップ
5.作業ルールづくりよる生産性アップ
6.販売計画と製造計画の精度アップによる 生産性アップ
7.作業割当て作成よる生産性アップ
8.お客様満足度の追求よる生産性アップ
9.生産性アップの8ステップ


<販売価格>

SM惣菜の強化策、*印刷コストを下げ、大変お求め安くなりました。

テキスト
¥1,580 (本体価格:¥1462.98)
配送料 ¥600 (宅急便の価格改定で変更になりました。)

#テキストお申し込みはこちら

#お振込み等のお支払方法はこちら


*ご連絡先 :s-yamagishi@asahi-kikaku.net




*トップページに戻る