あさひ流通企画 > 惣菜・中食街角通信 > 年末商戦の検証と今後。2018年1月1日

 

年末商戦の検証と今後。2018年1月1日

「年末商戦は好調の内に終了」

クリスマス24日の日曜日、年末31日の日曜日と

12月商戦のピークが日曜日となり、スーパーを含め小売りは好調の内に終わった。

人手不足を背景にした賃金上昇や株高与件を含めて

消費はちょい高商品が動き、単価アップにつながったようだ。

「スーパー惣菜の年末商品動向」

1、年越しそば用てんぷら

・海老天¥298、海老かき揚¥298、バラ売り中心

小サイズは1尾¥200で3本、5本パック、

*阪急オアシス、光洋-海老天、海老かき揚¥238

ライフ-海老天¥250、海老かき揚¥238

平和堂— 海老天¥198、海老かき揚¥198、

*関西地域は全体的に単価は低めで、消費者の見る目は厳しい。

関東のとりせんは例年、イカ天¥150の2個、3個パック販売、商品力は最高。

 

2、オードブル

・ミックスオードブルは小型化し、¥780~¥980、¥1980、¥2980

IY-¥3100、イオン-ご馳走オードブル¥5500

・小サイズは中華セット¥598、オードブル¥980の併用が目立つ。

・冷菜オードブルのイン製造はほとんど見られなくなり、センター又はアウトパックが中心。

¥980、¥1280、¥1680、¥1980

 

3、寿司

・握り寿司は惣菜と鮮魚寿司に分かれて生ネタ握りをPRするパターンと、

惣菜部門で上と並の握りで区別するパターンになった。

*関西は鮮魚寿司が別コーナー展開中心だが、関東は惣菜部門の中で生ネタ握りが広がり、

 握り寿司のネタは冷凍からチルドにニーズが変わり、スーパーでも対応が進む。

・1人前 -¥698、¥780中心、¥880、¥980、¥1280、¥1580

・3~4人前 -¥1980、¥2980、¥3980、¥4100

*関西は太巻¥358~¥380で4~5アイテムのコーナー展開は残る。

 

4、おせちセット

・店頭売りは関西が力強く、¥1980、¥2980、¥3980、¥4980

陳列量、フェースも多くとっているが、

・関東地区は予約に力を入れ、店売りは¥980、¥1980、¥2980

 

5、その他

・米飯の弁当は変わらない中、丼物は牛めし¥598、イベリコ豚重¥680、

鰻まぶし¥598、大海老天重¥680、牡蠣飯¥798と高単価商品が揃った。

・揚物は関西の串揚げ12~15本パック¥698、25本¥998

・サラダは生野菜をベースにしたチョレギや玉子・ベーコン、シーザーサラダの

¥298~¥398が野菜高騰を背景にボリューム陳列が目立つ。

・31日夕方16:30以降には作業が間に合わない為か、品切れが目立つ。

*年間最大のヤマ場も終了したが、

 インストア作業の多い惣菜では人手の確保によって売上に利益に差が出て来る。

「値上げが広がる」

小売り以外でも外食や配送などのサービス業で値上げの動きが広がっている。

・格安ラーメンとちょい飲みで好調だったハイデイ日高の伸びが微増になり

同様な幸楽苑は不振店をステーキ店に衣替えは始めた。

ロイヤルHD傘下の天丼店「てんや」はこの1月より

看板メニューの天丼¥500を¥540に値上げする。

 
又、宅配業ではヤマト運輸や佐川急便が10月以降に値上げし、

日本郵便の宅配便も今後の値上げを予定している。

 
値上げが迫られて来るのは人手不足から来る人件費の高騰があり、

今年政府方針のベースアップ3%の風が吹き始めている。

ライオンは今年入社の大卒初任給を6%引き上げ、

232030円は9年ぶりの引き上げとなった。

その他、佐川急便は初任給を1~2万円をアップ、

食品スーパー大手のライフHDは正社員の定期昇給を3%アップし、

人材確保の投資により販売力を強化する方針。

 

賃上げをするには商品の値上げによる利益の原資を確保する必要があり、

値上げ出来る商品開発力がその決め手になる。

 
<専門店の惣菜・米飯・寿司>

 

おせち壱の重             おせち弐の重             おせち参の重

 

*惣菜・中食街角通信は毎週日曜日に更新しています。