あさひ流通企画 > トレンド情報 > 小売業、無人精算の流れ。2019年4月11日

 

小売業、無人精算の流れ。2019年4月11日

コンビニの王者、セブンイレブンが24時間営業問題で揺れ始めている。

コンビニの成長の中で隠れていた本部と店舗の関係について、

日本の人手不足環境が問題点をあぶり出した格好になった。

人手不足が続く中でパート・アルバイトの人件費は上昇し、

営業時間の長さはコンビニだけでなくスーパーを含む小売業全体の課題でもある。

 

小売業の営業時間の長さは競合店舗数が増える中では、

売上を確保するための常套手段であり、

売上に余裕がなければ営業時間を短縮することは出来ない。

しかし、現実は営業時間に対応する人員の確保が困難になり、

無理な営業時間の延長は売上以上に利益を減らす要因になっている。

実際に営業時間を短縮したセブンイレブンのある店では売上は10%減少したが、

利益は1.7倍に増えたと店長は語っている。

 

小売業において商品の陳列や管理には人的作業が欠かせないが精算業務は単純作業であり、

人手不足環境の中では先ず無人化を図るべき業務としてコンビニ各社の実験が始まった。

日本に先駆けて米国や中国では無人精算店舗の拡大が始まっているが、

日本ではカードやスマホの精算が遅れているために、

現在は人件費の削減の為に営業時間の短縮が話題になっている。

 

又、日本にはお客様との顔なじみや接客の文化があり、

レジは単純な精算業務だけでなく昔から接客サービスの業務が含まれていることから

レジの無人化が進まない要因になっていると感じている。

しかし、時代は変わって来ており、

店舗間競争は商品力や展開力と消費者の要望ある店舗営業時間に

重点が置かれている。

 

日本小売業の低生産性や低賃金が問題視される中で、

又これからネット通販との競争は激しさを増し、

いつでも商品を買えるネットに対抗する為に営業時間の短縮は命取りにつながる。

深夜営業がやり玉になっているコンビニ業界、

有給休暇が取れにくいスーパー業界など人手不足による弊害が表面化している中で、

これらを解決するレジの無人化は避けて通れない課題であり、

セルフサービスを中心とする店舗小売業の将来を決める。

 

<スーパーの惣菜・米飯・寿司>

 

<ローストビーフ丼>