あさひ流通企画 > トレンド情報 > 身の回りにある流行(トレンド)。2016年9月13日

 

身の回りにある流行(トレンド)。2016年9月13日

パフェのように酒のつまみを透明なグラスに盛り付けた「しょっパフェ」

がじわじわ人気を広げている。(日経MJ)

記事によるとワイングラスやいろいろなグラスに、

自分の食べたい豆腐・揚げ玉・キムチ・枝豆・カニカマ・たこ焼き・納豆・沢庵・シラスやイクラなど

彩りを考えながらグラスに盛り付けて行く。

甘いものやしょっぱいもの、いろいろな味のものを盛って、

食べる時は上から順番に食べても又、混ぜ合わせて食べても自由だ。

自分で作ったものを写真にとってサイトに投稿、それぞれのアイデアを競うのも作る楽しみのようだ。

 

 

間食でもあり主食にもなる焼きそば、今までレギュラーのソース焼きそばを中心にして

醤油焼きそば、塩焼きそばや味噌焼きそばなど調味料の味を変えた物や、

富士宮焼きそば、横手焼きそばなどB-1グランプリで有名になった物など

家庭でも外食でも普及している食べ物だが、

今年に入って焼きそばのソースにカレー・あんかけ・ナポリタン・イカスミ・韓流など数種類を

メニューにしたものや、麺はもちもちした生麺を使用したもの、

又は家庭で炒めないで電子レンジで麺と具材を盛り粉末ソースをかけてチンしたものなど

食べ方、作り方が自由に広がって来た。(日経MJ)

 

 

需要が拡大しているサラダ、家庭でも良く食べられ、

    ポテトサラダに代表されるマヨネーズサラダ、

数種類の生野菜に魚介や畜肉などを盛付、好みのドレッシングで食べる「おかずサラダ」に、

サラダ野菜にフルーツ、チキンなどのたんぱく質を組み合わせ、

クルミやナッツ等トッピングして食事になる「パワーサラダ」が広がっている。(日経MJ)

パワーサラダはおかずサラダとも似ているが、個人の自由でサラダの作り方、食べ方は多種多様に広がっている。

 

 

これらは一般の消費者がメニューの概念にこだわらず、

作って楽しい、見て楽しい、食べて楽しければ誰でも自由に作ってSNSなどサイトにアップし、

それぞれのアイデアを競ってそれがビジネスにもなり流行(トレンド)が生まれている。

食は目で食べるともいわれ、綺麗・美味しそうなどアッと思わせる盛付が重要であり、

そして食べて尚美味しければ最高だが、美味しさの基準は各人それぞれであり、

それなりに美味しければ流行になる可能性はある。

又、固定概念に縛られず、自分仕様の新しいモノを生み出すことは楽しい

と感じることも大事。

 

 

<しょっパフェ・日経MJ>

%e3%81%97%e3%82%87%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a7