asahi-kikaku

惣菜・中食街角通信

働きがいと働きやすさが生産性をアップする

「人手不足、変わる働き方」 中小製造業の労働組合が構成する「ものづくり産業労働組合JAM」は 2024年春季労使交渉で中小の3月末時点の賃上げ率は4.12%と発表した。 ベースアップに相当する賃金改善額は前年を4割上回る7...
惣菜・中食街角通信

値上げを可能にする商品・店舗の差別化力

「原料高から人手不足による値上げ」 2023年に休業や廃業、解散を決めた企業が約5万社となり、 比較できる13年以降で最多となった。 物価や人件費が上昇する中、新型コロナ禍の補助金もなくなり、 市場から退出すを選ぶ企...
トレンド情報

春闘、賃上げの転機

「賃上げ、30年の転機」 2024年の春闘を迎え、賃上げが満額回答やそれ以上の賃上げが出てきている。 日本の企業はバブル崩壊後の「失われた30年」の間、賃金を抑制して景気悪化対策をしてきたが、コロナ下を経て世界の企業と対抗する力...
惣菜・中食街角通信

人手不足に対応する人材投資

「春の行楽に向かう街角景気」 内閣府発表の2月の街角景気は、 判断指数DIが1月から1.1ポイントアップして51.3となった。 景況判断は「景気は緩やかに回復基調が続いている中で一服感がある」とした。 家計関連のD...
惣菜・中食街角通信

商品の値上げと生産性の向上

「賃上げ、30年の転機」 2024年の春闘を迎え、賃上げが満額回答やそれ以上の賃上げが出てきている。 日本の企業はバブル崩壊後の「失われた30年」の間、 賃金を抑制して景気悪化対策をしてきたが、 コロナ下を経て世界の...
惣菜・中食街角通信

2024年、四重苦の対応

「景気と消費」 内閣府発表の2月の街角景気調査で、 2~3カ月後の先き判断指数は0.5ポイント上昇の53.0だった。 4か月連続の上昇は春闘の賃上げによる消費マインドの改善を期待している。 日経MJがまとめた主要外...
惣菜・中食街角通信

消費の多様化で進化する小売り業

「消費者物価と節約消費」 総務省発表の1月消費者物価指数(CPI)生鮮を除く総合指数は 前年比2.0%のプラスで日銀目標の2%は維持したが、 3カ月連続で伸びが縮まった。 輸入物価が先どまりする中で、 サービス...
惣菜・中食街角通信

インフレに対応する賃上げ対策

「賃上げの早期妥結が進む」 2024年春季労使交渉で賃上げの労働組合要求に満額回答が進んでいる。 小売り外食ではイオンが6.39%、松屋フーズが10.9%や 自動車ではホンダが5.6%、マツダが6.8%など、賃上げに弾みが...
トレンド情報

食品スーパーの経営視点

2023年の食品スーパーの既存店売上昨年比は103~104%と順調な伸びを確保して来た。 食品は人々が生活する上での糧であり、生活者がいる限り消費は続き、景気が悪化しても消費がなくなることはない。従って同業以外からの参入が相次ぎ、異業...
惣菜・中食街角通信

値上げしても売れる商品開発

「好調な企業業績に課題」 内閣府発表の1月街角景気(DI)は12月から1.6ポイント低下し、50.2となった。 悪化は4か月ぶりで、能登半島地震の影響が消費マインドに出ており、 家計関連が2.1ポイント悪化の49.5,...
タイトルとURLをコピーしました