トレンド情報

トレンド情報

食品スーパーの経営視点

2023年の食品スーパーの既存店売上昨年比は103~104%と順調な伸びを確保して来た。 食品は人々が生活する上での糧であり、生活者がいる限り消費は続き、景気が悪化しても消費がなくなることはない。従って同業以外からの参入が相次ぎ、異業...
トレンド情報

スーパーの物流再編

小売り大手のイオンは自社トラック輸送距離を1割削減する。 NX総合研究所によると、輸送需要に対して業者が運べる能力は、総合スーパーを含む「卸売り、小売り、倉庫業」で9.4%足りなくなる。全日本トラック協会によると、21年の農水産品や加...
トレンド情報

物流、2024年問題に動く製販各社

商品物流の中で、トラック物流2024年問題から食品メーカー・小売業を含めたDXが急速に  進行している。 これはトラック運転手の残業問題だけでなくCO2排出問題や省エネと地球環境にも直結する課題でもある。 九州でイオン九州と同業...
トレンド情報

小売り企業PB商品の拡大

節約消費志向を受けて小売り大手のPB商品比率が伸びており、スーパーの食品販売額に占めるPB比率は10月に最高の17%に高まった。 大手のイオンは生鮮除くPB約5千品目の内、2500品目を新商品に切り替え、日用品と合わせたPB売上高を2...
トレンド情報

景気減速下の2極化MD

世界の景気はIMFの見通しによると、23年度成長率は3.0%で据え置いたが、 24年は2.9%と0.1%の下方修正をした。 世界貿易の低迷など低成長が色濃くなっており、5年後も3%前後にと留まるとした。 日本の経済成長率見...
トレンド情報

食料・買い物難民

農林水産省によると、自営の農家従事者の平均年齢は22年時点で68.4歳、65歳以上 では86%を占める。このままでは離農が急速に進み、三菱総研は農家数が50年には17万7千戸に なると試算で現在に比べ81%も減少し、その間の人口...
トレンド情報

商品開発の変わらない切り口 8月16日

コンビニ大手3社のおにぎりリニューアル開発が活発になっている。 ファミリーマートはおにぎりの製造業に新たな成型機を導入、手作りに近いふっくらとした食感になるようにしたおにぎり10品をリニューアルした。新型機は三角形に成形したご飯の上に...
トレンド情報

低成長下の商品開発

2023年7月21日 22年度の小売業は総じて好調で、上場企業は増収増益が多く業績の持ち直しが見られ、 スーパーは4割弱の企業がコロナ前の水準以上となり、昨年より13ポイントほど高まった。 要因として全店ベースの客単価が...
トレンド情報

【トレンド情報】値上げ&値下げサイクル

小売り各社の業績がコロナ収束に向かって上向いている。インバウンドの回復に賃上げも下支える要因となり、2024年2月期は7割の企業で売上・利益が増加する見通しと誌面で発表されている。 その環境下、食品の値上げは加工食品から生鮮食品へ広が...
トレンド情報

【トレンド情報】労働力・人手不足

日本を含め、先進国で働く人が増えていない。 就業者と求職者を合わせた割合が低下し、 昨夏時点の最新推計で先進国では働いていない人が新型コロナ禍前より1千万人増えた。  (日経) 15歳以上の人口に占める働いている人と求職者の割合は、米...
タイトルとURLをコピーしました